家庭教師のまたーりぶろぐ


家庭教師、たまにはまったり行きましょう
by l1cq8xainm
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

詐欺 小杉元文相の妻逮捕 架空投資話で八千数百万円(毎日新聞)

 架空の投資話を持ち掛け、知人男性から現金八千数百万円をだまし取った疑いが強まったとして、警視庁捜査2課は26日、元自民党衆院議員で文相を務めた小杉隆氏(74)の妻敬子容疑者(73)と私設秘書の新沼拓郎容疑者(63)を逮捕した。捜査2課は敬子容疑者らが他にも複数の知人に投資話などを持ち掛け、現金をだまし取った疑いがあるとみて捜査する。【酒井祥宏、川崎桂吾】

 関係者によると、敬子容疑者は93年ごろ、別の知人の紹介でエステティックサロンを経営する会社に約1億円を投資したが、数カ月後に同店が倒産。その後も風力発電の事業に投資して失敗し、02年ごろにはヤミ金融業者から約2000万円を借り入れるほど資金繰りに窮していたという。

 さらに、両容疑者は04年以降、小杉元文相の後援会関係者に「知人の会社が来年上場する。未公開株が必ず倍の値になるので、資金を集めてほしい」などと持ち掛け出資を募ったり、「秘書の給与が払えない」「選挙資金が足りない」などと偽り、現金を集めていたとされる。

 捜査2課は、敬子容疑者らがだまし取った金を借金の返済に充てる自転車操業に陥っていたとみている。

 こうした問題が発覚した後の06年12月、敬子容疑者は投資の失敗を理由に、自己破産した。負債総額は約18億7000万円(債権者約230人)だった。

 小杉元文相は80年から衆院議員を通算8期務めたが、08年1月に「政治家としてのけじめをつける」と後援会に説明し、事実上、妻の金銭問題の責任を取る形で政界を引退した。

【関連ニュース】
口蹄疫:義援金名目で寄付要求 詐欺未遂で宮崎県警捜査
詐欺容疑:小宮山泰子議員の兄逮捕 宝くじ販売権売却話で
宝くじ販売権譲渡詐欺:被害数百万円、容疑の男逮捕へ
無銭飲食容疑:男逮捕 44円しか持たず焼き肉店で23点
詐欺:容疑で男女2人を逮捕 転売目的で口座開設

事業仕分け後半戦スタート 塩供給業務は見直し(産経新聞)
<もんじゅ>クレーンから煙 環境に影響なし(毎日新聞)
裁判員制度施行1年 「職務意識の高さに感動」 大阪で裁判官が意見交換(産経新聞)
<バカラ賭博>賭博場貸した容疑で元外交官を逮捕 警視庁(毎日新聞)
口蹄疫 企業の支援相次ぐ 現地に拠点などで(産経新聞)
[PR]
by l1cq8xainm | 2010-05-27 20:55

バラ色の門出を祝福 福山ばら祭開幕 広島(産経新聞)

【ふるさと便り】

 「ばらのまち」として知られる広島県福山市で15日、「福山ばら祭2010」が開幕。市内中心部でバラにちなんだ結婚式や音楽祭など多彩な行事が繰り広げられ、大勢の観光客らでにぎわった。16日にはメーンイベントのローズパレードが行われる。

 市や各種団体などでつくる福山祭委員会の主催。「市花」のバラで福山のまちを盛り上げようと、毎年5月に開催しており、今年で43回目。

 メーン会場の緑町公園では、オープニングセレモニーに続いて「ローズウェディング」で、同市内のガラス工芸家、藤本匠紀さん(28)と佐々木奈々さん(33)が挙式した。2人は「温かい家庭を築きます」と誓いの言葉。見守った大勢の市民らから祝福を受けた。

 会場ではこのほか、切りばらコンテストをはじめ、ばらグッズの展示販売、折りばらコーナー、コンサートなども行われた。同公園と近くのばら公園には計約1万本のバラが咲き誇っており、花を観賞する人たちで終日にぎわいをみせた。

【関連記事】
新しい婚礼披露のかたち 拡大する1・5次会市場
“都心の玄関”でウエディング エスクリ、来月八重洲、来年梅田に新施設 利便性を重視、1フロア貸し切り
ユニーク人事で組織活性化 ブライダルの「ノバレーゼ」
婚礼戦線異状あり ホテルウエディングの巻き返しなるか
遊園地で「ひら婚♪」いかが 枚方市・関大・京阪電鉄が手作り結婚式

1歳長女重体、床にたたき付けた母親逮捕(読売新聞)
岡田外相、上海万博日本館に国旗掲揚を要請へ(読売新聞)
“平成の遣唐使船”北九州・門司港に到着(読売新聞)
<2人刺殺>住人の44歳男逮捕 大阪・西淀川のマンション(毎日新聞)
床に長女たたきつける 傷害容疑で母親逮捕(産経新聞)
[PR]
by l1cq8xainm | 2010-05-19 01:08

ほめられたら要注意…多額現金請求の悪徳商法(読売新聞)

 高齢者が趣味で取り組んでいる短歌や俳句、絵画などの作品を褒めちぎり、掲載料名目で多額の現金を請求する新手の勧誘行為が急増している。

 才能を認められる喜びと、つけ込まれた羞恥(しゅうち)心を巧妙に突いた手口で、掲載物自体が存在しない詐欺的被害も多い。埼玉県消費生活支援センターは「ほめあげ商法」と名づけ、注意を呼びかけている。

 絵画が趣味という県内の80歳代の男性。広告会社の社員を名乗る男から今年、作品を褒める電話がかかってきた。その後も電話は次々と入った。「絵を画集や紙面ギャラリーに掲載しませんか」。男性は結局、約20社からの勧誘を承諾した。後日請求された掲載料は、計約400万円に上った。

 「すばらしい短歌ですね」。県内の80歳代の女性宅にも昨秋、広告会社を名乗る人物から電話がかかってきた。「作品を本に載せませんか」という誘いに乗ると後日、8万5000円の掲載料を請求する書類が送られてきた。

 いずれのケースでも、勧誘時に掲載料の説明はなく、掲載された本などが送られてくることもなかった。

 国民生活センターによると、短歌や俳句の掲載料トラブルに関する相談は、2006年度までは1ケタで推移していたが、07年度は49件、08年度には150件と急増し、昨年度は少なくとも359件に上っている。不当請求の平均額は約29万9000円。相談者の平均年齢は79・5歳で、女性が8割を超えた。

 同様の勧誘トラブルの相談は、県消費生活支援センターにも2年ほど前から寄せられるようになった。

 「すばらしい作品」と絶賛し、中には高齢者を「先生」と呼ぶ業者もいた。心理をくすぐられた高齢者たちは、褒め言葉に喜ぶ余り、掲載条件などを確認せず、無料と思いこんで掲載を承諾するケースがほとんど。解約を申し出ても、「すでに印刷しているので無理」と言われたり、掲載したとされる雑誌や海外のギャラリーなどが存在しなかったりした事例もあったという。

アパート火災 女性1人死亡 千葉(産経新聞)
<アカヤシオ>ピンクの大波…三重・御在所岳(毎日新聞)
<人事>最高裁(6日)(毎日新聞)
首相「沖縄の怒りの火に油」=共産委員長(時事通信)
新潟・群馬県境の巻機山、男女5人下山せず(読売新聞)
[PR]
by l1cq8xainm | 2010-05-11 21:21


最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧